選別する機械は産業廃棄物処理に不可欠|パワフルな瓦礫選別機能

処理を一手に引き受ける

ゴミ

さいたま市にある一般廃棄物を処理する会社では、工場で産出された排水や建設現場で発生した廃棄物の処理を行ないます。現場までアームロール車で来て廃棄物を持ち帰ってくれるので手間なく処理ができます。高額な機器の初期費用も掛からず利用ができるのです。

More Detail

簡単に選別ができる

工場

産業廃棄物処理を専門の会社に委託する場合、前処理として廃棄物の処理を行なわなければ、高額な処理費用を支払うこととなるでしょう。振動ふるい機を導入することで、建設現場で発生した廃棄物の選別ができます。円スライドを組み合わせることで、軽量の木材チップの選別までできます。

More Detail

一次処理に高い効果

ヘルメットを持つ作業員

建物の解体作業を終えた後は、大量の大きな瓦礫が大量に残されます。振動ふるい機にも入れられない大型の瓦礫は、トロンメルと呼ばれる機器で一次処理を行なう必要があります。油圧式でパワフルな力を発揮するので、瓦礫選別もスムーズに行なうことができるのです。

More Detail

レンタルでの利用

女性作業員

建設現場や化学薬品を使用する工場などでは、業務によってたくさんの産業廃棄物が産出されます。そのまま埋めることや、河川に流すことは禁止されているので、産業廃棄物処理をしっかりと行なう会社に委託しなければなりません。しかし、産業廃棄物処理する会社は産出された状態で引き取ることは行なわないものです。建物の解体作業で産出された瓦礫や、排水中の薬品や油分などを全て運び出すとなると、処理を会社側にも大きな負担が掛けられてしまうのです。そのため、処理を依頼する場合には必ず廃棄物の選別を前処理として行なう必要があるのです。産業廃棄物の選別を行なえる機器は、専門の会社で購入することができます。ハンマー式打撃機器やトロンメル、振動ふるい機などを組み合わせることで、高い精度での選別ができるようになるでしょう。

廃棄物の選別ができる機器は専門の会社で購入することができます。高精度の選別ができる大型の機器から、現場で好きに移動ができる自走式の機器もあるので、取り回しのよさや機能からよりよい機器を購入することができるでしょう。全ての機器を購入するだけの費用が用意できない場合は、レンタルによって利用することもできます。建設会社などであれば、建物の解体作業は一時的にしか行なわないものです。機器を購入したとしてもそれほど使用する頻度は多くないので、レンタルでも十分に利用することができるでしょう。機器をレンタルする前に、現場でのデモンストレーションも見せてくれるので機能面を確認した上でレンタルすることもできます。